和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

地域の安全を見守るひとたち

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

今年2月、夏登山に向けて、
半年かけて体重を3キロ減らす目標を紙に書きました。

すでに4カ月たちましたが、現状維持のまま。

次々と旬の食材が登場して、、というのは言い訳か。
まだ2か月あるけど、、けど、、、って書いちゃう自信の無さ...^^;


先週の谷口和樹


6月9日 龍神温泉ウルトラマラソンを観戦
6月12日 和歌山県議会6月定例会 開会
6月13日 和歌山県議会6月定例会 本会議

日々の見守りに感謝


車で通っている場所を歩くと、
草花や石碑など、車からでは
気付かなかったものが目に留まります。

こういう発見は、趣味のカメラ散歩の楽しみ。
特に石碑。昔は興味がありませんでしたが、
歴史や昔の人たちの暮らしを想像できるので、
最近は見つけるのが面白いです。


谷口本人は5月下旬に道路要望の現地調査に行った際、
車を降りて見るとゾッとするような危ない所もありました。

との感想。

最近は観光客が地域の細かいところまで
レンタカーでやってきたりもするので、
事故が起こる前に対処できて良かった。。。


この現地調査、地元の道路委員会の皆さんに同行していたそうで、
日々の区民の安全をボランティアで頑張る熱心な皆さんに感謝です。

とも言ってました。

道ってだれがキレイに保ってくれてるんだろう、、、とふと思ったことがあります。
行政が管理しているんですけど、すべてを完全に監視できるわけではなく
私たち市民からの通報が大事な役割をになっていると聞いたこともあります。


梅雨に入り、農家さんを中心に忙しい季節ですが、安全第一で。
危ないと感じたことは、地域や行政と共有できるといいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/14(木) 13:21:06|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

和歌山県議会6月定例会(2018年)

本会議の日程



6月12日 和歌山県議会6月定例会 開会
6月13日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月20日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月21日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月22日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月25日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月26日 和歌山県議会6月定例会 常任委員会
6月27日 和歌山県議会6月定例会 常任委員会
6月28日 和歌山県議会6月定例会 本会議
6月29日 和歌山県議会6月定例会 閉会

和歌山県議会のホームページ

  1. 2018/06/11(月) 12:19:21|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

和歌山のことを全国に伝える役

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

私はエコたわし(アクリルたわし)で食器を洗っています。
洗剤をあまり使わずに済むので便利なんですよ。

エコたわしを交換するために、
自分でエコたわしを編むことにしました。

20数年ぶりに編み物用の棒針と編み方の本を収納箱から出しました。
高校時代にハマってずっと編み物をしていましたが、
たわしを編みはじめたら止まらない!

編み物ってどうしてこんなに夢中にさせるんでしょうね♡

先週の谷口和樹


5月15日 訪問活動(大塔地区)
5月17日 本年度政府要望説明会
5月18日 田辺市自治連絡協議会定期総会に出席
長野地区長尾口の現場視察
大塔のよさこい踊り練習を見学
5月19日 長野ほたる鑑賞会に参加
5月24日 地元企業訪問
5月27日 道路委員会の皆さんと道路要望の現地調査
和歌山県レスリング協会総会に出席

和歌山・紀南自慢


私は奈良県生まれの京都府南部育ちなので、
紀南の皆さんと比べると、新鮮な魚を食べる機会が圧倒的に少なかったと思います。

だから田辺に来て、で買える魚の新鮮さや安さに驚き、食べたことがない魚を見つけるのが楽しみでした。

いちばん驚いたのは、夕方のスーパーにモチガツオが入荷したこと。
こんなに簡単に手に入るハズがない、と疑ったぐらい。
食べて二度ビックリ。めっちゃモチモチ、別物のカツオ!!!!!
(嬉しすぎる体験だったので、同じ話を何度もしています)


谷口本人のinstagram(#navigarasu2)にも和歌山の食べ物が良く登場します。
「江川チャンポン焼き」だけでなく四季のみかんはもちろん、梅干しや梅加工品も登場しますし、最近では梅を使ったお料理本も紹介されてました。今月はモチガツオも登場していましたね!

自分は和歌山県議会議員という立場で日本全国に行かせてもらう。

和歌山を代表していくのだから、その機会を活かして地元をPRしたいし、それも自分の役目と思う。

ということを以前話していました。

私自身、谷口本人のinstagramをチェックしていて
新製品の登場を知ったり、紀南の産品の旬を教わったりしています。

そうやって知った知識は京都の実家や仕事で出会う全国の人たちに
自慢げに(笑)話したりもします。


もう15年以上前の話ですが、「和歌山って梅干しの産地なんだ」と言われたことがあります。
ショックでしたが、地元の当たり前が全国の当たり前でないことを実感しました。

これからも出会う人には和歌山や紀南の話、いろいろしていきたいですね♬
谷口本人のinstagram(https://www.instagram.com/navigarasu2/)は要チェックですよ~
  1. 2018/05/29(火) 21:38:20|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

74回の慰霊祭

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

所属している趣味のグループの最高齢メンバーが
今年90歳になります。
自転車にのって畑に通い大きな家庭菜園で
1人で野菜を世話しているそうです。

前々回の記事に書いた96歳のお婆さんもそうですが、
自分なりに生き方を定めて歩き続ける方たちを見ると
まだまだできることがある!と勇気づけられますp(^-^)q


先週の谷口和樹


4月28日 第89回連合和歌山メーデー田辺西牟婁集会に出席
高校野球「龍神分校vs智弁和歌山」を観戦
5月3日 闘鶏神社 戦没者慰霊祭に参列
NPO花つぼみ主催 花と子供のフェスティバル(新庄公園)に参加
渡瀬凌雲 記念展(田辺市立美術館)を鑑賞
5月5日 龍神村B29墜落兵慰霊祭に参列
田辺三川会総会&懇親会に参加
5月6日 田辺とみさと会懇親会
5月8日 田辺観光協会総会後の懇親会に出席
5月12日 第28回 南方熊楠賞授賞式に出席

平和の歩み-身近なこととして想像してみる-


ここ数年来の知人に、家族が自衛官という人がけっこういます。
会ったことがない少しのつながりでも増えていくことで、
自衛隊関連のニュースの受け止め方が変わってきました。

どこか遠くの出来事のように聞いていたニュースも
「自分の家族だったら・・・」と想像をめぐらすようになりました。


谷口本人は、5月3日に闘鶏神社で行われた戦没者慰霊祭に参列して
戦争で命を落とした方々や家族の気持ちを自分や家族に置き換えて考えます。

逃れられないとわかった死の間際の悔しさや無力感、大切な人を置いていく無念さ、やり場のない怒りや絶望は如何許りか…

と話していました。

また、5月5日に龍神村殿原区で行われた「龍神村B29墜落兵慰霊祭」の後には
龍神村殿原区では終戦前から墜落米兵の慰霊祭をはじめ、今年で74回。

参列で命の尊さと平和の大切さを村人の精神から学びます。

と話していました。


体制よりも目の前の命を大切にするって簡単ではありませんよね。
その簡単ではないことを先人たちが実行したことは誇りだし、
私達が受け継がなければいけない責任でもありますね。
  1. 2018/05/14(月) 21:37:25|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

上富田町がアフリカ代表の公認キャンプ地に

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

前回のブログで書いた夫の祖母に会ってきました。
施設の廊下を張り切って歩く祖母。訪問は嬉しいようです。

そしてなんと、祖母は、前回のブログで書いた96歳のお婆さんと同い年でした!

祖母は年齢を何度聞いても92歳と答えるのですが、今回はそのお婆さんの話をして
「おばあちゃん、96歳のお婆さん、大正11年生まれなんだって」というと
「えー、私、96歳だったの?私が間違えるはずないのに」

いままで一度も認めなかった年齢も、同い年の人の話だとすんなり受け入れられるんですね。
さて、次は何歳になっているでしょう(笑。元気でいてくれて嬉しいです。



先週の谷口和樹


4月18日 まちなかポケットパークの開所式に出席
4月20日 串本町で法律相談
三栖で要望調査
龍神村で要望調査
4月21日 関西女子硬式野球選手権大会開会式を見学
4月22日 第14回紀の国ジュニアレスリングカップを観戦
4月25日 ODCC局長と会食
関西女子硬式野球連盟会議に出席
4月27日 ライセンシングEXPO2018(東京ビッグサイト)に参加

地元に世界レベルの選手がやってくる!!


いよいよ来年に迫ったラグビーの2019年ワールドカップ日本大会。
公認キャンプ地が先週発表になり、和歌山では上富田町がアフリカ代表の公認キャンプ地に見事内定しました!!

前回大会で日本が南アフリカ戦で奇跡の勝利をおさめてから3年。
来年はいよいよ日本でワールドカップが行われるんです!!

谷口本人は2015年の6月議会でスポーツコミッションとラグビーワールドカップに関する質問をしています。

世界レベルの選手が地元にやってくるということは、子供たちに夢を与えます。直接交流することが出来たなら、その子の将来に影響を与えられるほどのエネルギーを代表選手たちは持っていると言います。

公開練習があれば見に行ってほしいし、テレビ観戦では日本だけでなくアフリカの試合もバッチリ応援したいですね。
私も楽しみがまたひとつ増えました♬
  1. 2018/04/28(土) 21:36:03|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)
次のページ

トップに戻る

FC2Ad