FC2ブログ

和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

避難等の対策を心がけるのは、私たち自身

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

世界最高齢でエベレストに登頂した三浦さんの
体の秘密に迫る番組がNHKで放送されました。

足首に重石をまいて歩く「へヴィーウォーキング」で
太ももの前側の筋肉を鍛え、実年齢よりはるかに若い体を作り上げたそうです。

わ、私も足首に重石を、、、影響され過ぎでしょうか(笑。

先週の谷口和樹


6月5日 沖縄視察
・沖縄県平和祈念公園「平和の礎」
・沖縄県平和祈念資料館
・ひめゆりの塔
・宜野湾市 普天間基地
・佐喜眞美術館
・嘉手納基地
6月6日 復旧工事見学(伏菟野地区)
6月8日 関西府県議会議員次世代エンターテイメント研究会 第2回
6月9日 大塔ドッヂボール大会
6月10日 紀の国わかやま国体実行委員会総会
6月11日 和歌山県議会6月定例会


災害絵の備えを当たり前にしたい


今週は、自分の災害への備えがおろそかになっていることに
不安を感じることが多い日が続いています。

まず、台風3号。
動きが遅く「長時間の豪雨の危険」が繰り返し警告され、
2011年の台風12号豪雨災害の映像も報道されました。

また、和歌山市内を中心に震度4の地震が連続しました。


備蓄不足のままの飲料水と保存食。
見直しをしていない緊急持ち出し袋。
枕元に置いてあった、いざというときの避難靴はどこへ?


先月、谷口本人は「熊野川流域対策連合会 総会」に出席したあと
次のように言っていました。

二度と尊い人命を失わないように
予測をはるかに凌ぐ早期の避難等の対策を
住民すべてが心がけたいものである

議員さんや行政が備えてくれるのはもちろんですが、
”その瞬間”に身を守るのは自分自身。

やっぱり備えておくべきだった・・・という悔しい思いをしなくて済むように、
災害への備え(見直しや訓練など)は、”当たり前”にしようと改めて思いました。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/06/11(火) 17:49:13|
  2. 先週の谷口和樹(2013年)

トップに戻る

FC2Ad