FC2ブログ

和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

水木しげるさんの言葉と平和と

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

昨年から干し柿を作っています。
若いころは「干し柿なんて」だったのに、
いまは「ああ、幸せ。美味しい♡」。

ワクワクのはじまりは皮むきから。
紐をかけるのは悪戦苦闘。
まだかまだかと毎日観察。
早く早くと揉む。
完成したらもったいなくて食べるか悩む(笑。

子どものように、
晩秋の楽しみになりました。


先週の谷口和樹


11月17日 プロ野球独立リーグ 兵庫ブルーサンダース本拠地のキッピースタジ アムや関連施設を見学(三田市)
第21回 口熊野マラソン実行委員会に出席
11月21日 龍神村 翔龍祭&龍神村林業祭り開会式に出席
11月23日 万呂 須佐神社例大祭 獅子舞いを見学
11月25日 沖縄戦和歌山出身者慰霊祭に出席
11月27日 南海トラフ地震等に対する緊急防災対策促進大会(東京)に出席
全国中学選抜レスリング大会の応援(駒沢オリンピック公園体育館)
11月30日 和歌山県議会農林水産委員会 県内視察
・和歌山県果樹試験場
・和歌山県畜産試験場養鶏研究所
・和歌山県林業試験場

一人の力と平和の実現


「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんが亡くなられました。

水木さんはご自身がラバウルに出征し
戦時中に腕を失くされ、
戦争を題材とする漫画も多く書かれています。

報道で生前の水木さん言葉を見聞きしました。

「妖怪のことを考えていられるなんて、平和の証だよ(テレビーインタビュー)」
「今は考へる事すらゆるされない時代だ(出征前の手記)」

心にささる言葉です。


また、水木さんは妖怪の世界を描くことで、
いろいろな存在がお互いを尊重することが大切だと
伝えていたそうです。

そう聞いて、二つのニュースに気持ちがむきました。

パリではテロで、シリアでは空爆の巻き添えで、
どちらも多数の市民が死傷。

・・・。


谷口本人は、11月25日に沖縄県で行われた
沖縄戦和歌山出身者慰霊祭に出席しました。

「薄らぐことなく平和の思いを持ち続ける」
「世界の中で、一人の力は小さいから、
より多くの人が努力することでしか平和の実現はない」
ということを伝えていかなければ…

犠牲者を悼み献花し手を合わせながら、そう思ったそうです。


私も静かに犠牲者を悼みます。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/02(水) 11:10:53|
  2. 先週の谷口和樹(2015年)

トップに戻る

FC2Ad