FC2ブログ

和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

慰霊祭と憲法記念日と恒久平和

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

調子よく!元気よく!活動していましたが、
とつぜん38度台の熱を出し寝込んでいました。

ブログ更新、お待たせしてすみませんm(_ _"m)ペコリ


先週の谷口和樹


4月24日 那智勝浦町「大規模土砂災害対策技術センター入所&和歌山県土砂災害啓発センター竣工記念式典」に出席
4月26日 訪問活動
田辺観光協会総会に参加
4月30日 第87回メーデー田辺・西牟婁集会で来賓挨拶
上富田「子育てサークルの活動を見学
よさこい踊りの練習を見学
球団事務所で打ち合わせ
5月2日 訪問活動
5月3日 闘鶏神社「戦没者慰霊祭」に参列
5月4日 扇ヶ浜カッパーク「第16回 鯉のぼりの会」に参加
中辺路町「二川1dayカフェ」準備手伝い
5月5日 龍神村殿原B29慰霊祭に参列
闘鶏神社「田辺三川会 総会」に出席
白良浜「泡ビーチ」を見学
中辺路町「二川1dayカフェ」片付け手伝い

平和は『武力の足し算、引き算』では無くて、

じっくり積み重ねていくもの



今朝、オバマ大統領が伊勢志摩サミットの際に、
被爆地・広島を訪問することが発表されました。

将来の世界の平和のために、
「原爆の悲惨さ」ゆえに核兵器廃絶へ、
が世界の共通認識となる日への大きな一歩になると
期待します。


谷口本人は、闘鶏神社「戦没者慰霊祭」に参列して
恒久平和への思いを強くしたと話し、
憲法記念日に思いを馳せて憲法と平和について次のように話してくれました。

今 国会の大多数を占める自民党などは昨年「憲法の解釈改憲」を、そして今後「憲法そのものの改正をめざす」と言われていますが、その先に「恒久平和」があるとは全く思えません。

「平和」と「文化」はよく並んでフレーズになりますが
両方とも 少しづつ 積み重ねていくものだと自分は思います。

そして 平和は『武力の足し算、引き算』では無くて 
じっくり積み重ねていくものだとするならば
昨年の「解釈改憲」で失った積み重ねはあまりに大きいと自分は思います。

多くの命を失った戦争の反省と同じく 再び過ちを繰り返すことにならないように。
今日の日を迎えて あらためて強く考えています。


「解釈改憲」なんであかん?


ところで「解釈改憲」なんであかん?を
ちょっとおさらいです。


もともと憲法は、
どんな賢者も権力を持てば乱用する。
そんな人の危うさを前提に作られています。

権力は乱用されると
私たち国民の権利・自由が奪われます。

だから憲法は
だれが権力を担っても私たちの権利・自由が奪われないように、
改憲にも手続きを定めています。

私たち国民が選挙で選んだ国会議員の議会での判断と
私たち自身の投票によるという手続きです。


谷口本人が言っていた「解釈改憲」は、
国民が選挙で選んでいない内閣総理大臣が
国会議員や国民の投票なしで憲法を変えたということ。
憲法に書いてある手続きでありません。

省いてはいけない唯一のことを
省いてしまったのだと言えます。


国民が憲法を守り積みかさねてきた戦後69年の歩み。

大学で憲法を専攻してきた私も、自分にできる形で、
これまでの平和とこれからの平和が途切れないようにしていきたいです。


※この記事は、2016年5月01日に執筆分を、2016年8月8日に公開しています。投稿日と内容にずれがある場合はご容赦ください。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/08(月) 13:50:26|
  2. 谷口和樹の活動(2016年)

トップに戻る

FC2Ad