FC2ブログ

和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

「国際女性デー」の啓発活動など

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

カメラ散歩していたら、96歳のおばあちゃんに出会いました。
「私のちょうど2倍の人生ですね?」
 →「2倍じゃぜんぜん足らないよ」

「若い頃に良く歌った歌は?」
 →「軍歌ばっかりよ。知らないでしょ?」

ささっとお茶を入れ供え物のケーキを切って出してくれる、その動きのスムーズさ。96歳って若いんだっけ?
自分が少女のような年齢に思え、年齢感覚が大きく揺さぶられました。

週末は夫の95歳(たぶん)の祖母に会いに行く予定です。


先週の谷口和樹


4月6日 交通安全の啓発活動
鮎川小学校・富里小学校統合式に出席
4月9日 鮎川小学校入学式、大塔中学校入学式を見学
4月12日 訪問活動
熊野本宮大社 御創建2050年奉祝式年行事「蘇る神仏の祈り―世界平和祈願 音禅法要(大徳寺)」に参列

イギリス婦人参政権がみとめられてからちょうど100年



私は海外ドラマを見るのが趣味なんですが、
少し前にイギリスの老舗百貨店の創業期以降を題材にしたドラマがありました。

百貨店が人の心を掴んでいく様子が楽しみでしたが、当時のイギリスの時代背景を知れるのも楽しみでした。

ある回で、女性が参政権を求めて街頭活動をするというので、暴動が起きないか?百貨店を臨時休業したほうが安全でないか?が百貨店内で議論になりました。

ドラマでは自ら権利を勝ち取ろうとする女性がエネルギッシュに描かれていて、「女性が平等に選挙に参加するためにものすごいエネルギーを爆発させ、まさに勝ち取ったんだな」と強烈に記憶に残りました(私が見たのはフィクションのドラマですが、実際にサフラジェットという過激な運動が行われたそうです)。

このドラマ話、先月、谷口本人が和歌山市内の「国際女性デー」の啓発活動に参加したと聞いたときに思い出しました。「国際女性デー」はアメリカでの婦人参政権運動がはじまりだそうです。

ちなみにイギリスで婦人参政権が認められたのは1918年。
今年はちょうど100年の節目の年なんですね。

そして100年前といえば、冒頭のおばあちゃんが生まれるほんのちょっと前!
私にとっての歴史話は、おばあちゃんにとって思い出話になることにまたビックリ!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/04/13(金) 09:25:52|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

トップに戻る

FC2Ad