FC2ブログ

和歌山県議会議員 谷口和樹スタッフブログ「チームTKスピリッツ-」

和歌山県田辺市の話題を中心に。和歌山県議会議員 谷口和樹の活動などを紹介しています。

活躍の場があるということ。

こんにちは。谷口和樹事務所スタッフ たんのです。

先日、父が喜寿を迎えました。

以前ここに書いたように、
父はとても健脚で元気です。

元気でいてくれることがありがたく、
今まであっさり済ませてきた祝い事ですが、
今回は手紙やお祝を送ったりと、
柄にもないことをしました(〃▽〃)ポッ


先週の谷口和樹


8月14日 鮎川下附盆踊りに参加
8月18日 あけぼの盆踊りに参加
8月19日 弓道福井国体近畿ブロック予選を観戦
8月22日 打ち合わせで東京へ
田辺スポーツパークに寄って少年野球の試合観覧
8月24日 台風被害の調査(大塔~長野~伏菟野~中辺路、本宮川湯地区)
和歌山県障がい者親子の集いに来賓出席

最近見た映画の話より


「ANY DAY NOW(邦題:チョコレートドーナツ)」という映画を見ました。

この映画は、”母が薬物所持で逮捕されて独りぼっちになったダウン症の少年が同性愛のカップルと家族をつくるが、偏見と差別から引き裂かれてしまう物語。(引用元:AERA dot.)”

ダウン症の少年役はアイザック・レイヴァという俳優さんが演じていいますが、彼自身もダウン症とのこと。いい表情、するんですよね。

海外ドラマ・映画を見ていると、ハンディキャッパーの役どころがわりと多く、また演じる役者さん自身がハンディキャッパーであることも多いです。
見始めた頃は、日本の作品との違いに(いい意味で)驚きました。日本に配信されるような海外ドラマ・映画は特に演技にシビアなので、当たり前ですが、ハンディキャップに見せ物感はありません。作品の筋書きに必要な俳優さんが出演しているという感じです。

特性を生かせる場所があるっていいな、と素朴に嬉しく思いながら作品を見ています。


谷口本人は和歌山県障がい者親子の集いに来賓出席しました。
お招きいただけることはありがたいことですね。


障がいの有無に限ったことではありませんが、
得意を活かし不得手を補い合える心身の余裕を作ることで、
仕事の生産性をUPしていければいいのにな、と思いますp(^-^)q
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/08/28(火) 20:48:58|
  2. 谷口和樹の活動(2018年)

トップに戻る

FC2Ad